30年の軌跡

平成3年に土浦市制施行50年を記念して始まったかすみがうらマラソンは,令和3年4月18日(日)の開催をもって第31回を迎えることになります。

01

平成3年第1回大会

第1回かすみがうらマラソンスタートの瞬間。写真の感じやランナーの服装から時代を感じさせる1枚です。

Graphic
02

平成10年第8回大会

World Para Athleticsの公認を受けた国際ブラインドマラソン大会なので、海外からの参加者もたくさんいました。

Graphic
03

平成10年第8回大会

小さい子供も給水のボランティアに参加。こういった応援はランナーは特に嬉しく感じるようです。

Graphic
04

平成12年第10回大会

毎年大会主会場では盲導犬体験コーナーを設置。ランナーの皆様からの参加料の一部は、盲導犬育成助成金として役立たせていただいています。

Graphic
05

平成16年第14回大会

ブラインドランナーとゴールする有森裕子さん。かすみがうらマラソンでは有名ランナーが伴走をして直接ランナーを支えています。

Graphic
06

平成16年第14回大会

ブラインドランナーとゴールする有森裕子さん。かすみがうらマラソンでは有名ランナーが伴走をして直接ランナーを支えています。

Graphic
07

平成19年第17回大会

こちらは主会場でエイドに従事する女性団体の方々。コース上の給水エイドもそうですが、女性の方々の明るさ・はつらつさに力をもらったランナーは数多くいることでしょう。

Graphic
08

平成20年第18回大会

ランナーにとっていちばん辛いゴール付近に、一際目立つちんどん屋さん。にぎやかな応援は疲れきったランナーを励ましてくれます。

Graphic
09

平成20年第18回大会

走るときには呼吸を合わせ、走り終える頃には心を通い合わせたブラインドランナーと伴走者。ブラインドマラソンにはドラマがいっぱいです。

Graphic
10

平成21年第19回大会

毎年主会場で元気な声でボランティアに当たってくれるボーイスカウトの皆さん。

Graphic
11

平成22年第20回大会

毎年大活躍のAED自転車隊! AEDを背に縦横無尽にコースを駆け巡りランナーをサポートしていただいてます。

Graphic
12

平成26年第24回大会

折り返しを過ぎたかすみがうら市歩崎公園前でランナーを応援するあゆみ太鼓の皆さん。 毎年応援くださっていて、ランナーにとっても、大会事務局にとっても非常にありがたいです。

Graphic
13

平成27年第25回大会

ランナーを応援するミス日本とメインスポンサーである日立建機のボランティアの皆さん。 重機をイメージした被り物も、今では「かすみがうらマラソン」きっての名物になりました。

Graphic
14

平成27年第25回大会

ランナーを応援するミス日本とメインスポンサーである日立建機のボランティアの皆さん。 重機をイメージした被り物も、今では「かすみがうらマラソン」きっての名物になりました。

Graphic
15

平成29年第27回大会

トップ争いに激しく鎬を削る招待選手たち。序盤から繰り広げられるデッドヒートレースは、見ていて体に力が入ってしまいます。

Graphic
16

平成30年第28回大会

かすみがうら市歴史博物館付近でランナーを応援するガウラーC。その正体は・・・ヒミツです。

Graphic
17

平成30年第28回大会

演奏でランナーを応援する霞ヶ浦中学校吹奏楽部の皆さん。

Graphic
18

平成30年第28回大会

第28回からは土浦警察署の協力を得て、走りながら警備に当たる「ランニングポリス」を派遣していただいています。

※「この写真は毎日新聞社の提供です」

Graphic

Partner

日立建機
mizuno POCARISWEAT ローチケ
中川ヒューム管工業㈱ 三菱商事